非常に複雑な金属形状に適したバインダージェット3Dプリント

高価なツール(金型)はお嫌いですか?

複雑な金属部品を製造するための長いリードタイムは?

「バインダージェット

3Dプリント」というソリ

ューションがあります。

私たちが支援できるバインダージェット3Dプリンティングの案件はありませんか?

無料見積もりはこちら

メリット

  • ・事前のツール制作は必要なし!サンプルを何日も待つ必要はありません!

  • ・デザインの変更?問題ありません!

  • ・中小規模の生産(50〜50,000パーツ/年)向け。

  • ・非常に複雑な形状が実現可能で、360度の設計自由度を提供します。

  • ・MIM材料と同様の材料特性。

Binderjet 4
Binder jet

バインダージェット3Dプリント

従来のサブトラクティブ金属加工プロセスは、多くの廃棄物を生成し、時間がかかる方法です。これらのプロセスルートは、製品設計の自由度にも大きな制限をもたらします。一方、Binder-Jet 3Dプリントプロセスは、積層造形プロセスの一種であり、無駄を最小限に抑える、もしくは無駄をなくし、コンポーネントの設計にほぼ360度の自由度をもたらします。

Metal Jet3D printingとも呼ばれるBinder-Jet3Dプリンティングプロセスは、Direct Metal Laser Sintering(DMLS)と呼ばれる10年以上前のAMプロセスの進化したものです。バインダージェット3Dプリンティングにより、数日以内にプロトサンプルを作成することができます。事前の金型制作費はかかりません。このプロセスにより、製品開発中に遅滞なく何度でも設計変更が可能になり、設計エンジニアは最適な設計を迅速かつ最小のコストで実現できます。

バインダージェット3Dプリンティングはどのように動作しますか?

バインダージェットプリンティングのプロセス中に、微細な金属粉末がビルドボックス内に薄い層で敷き詰められます。層の厚さは0.03〜0.07 mmとすることができます。層の厚さは、プリント部分の解像度に直接影響します。プリントヘッドのシステムは、粉末層の上にバインダー材料を堆積させます。このプロセスは、パーツの完全な像がビルドボックス内にプリントされるまで、何千回も繰り返されます。プリントされたコンポーネントは「グリーンコンポーネント」と呼ばれます。プリントサイクルごとのビルドボックス内のパーツの数は、プリントされるコンポーネントのサイズによって異なります。

ビルドボックスは硬化オーブンに移され、そこでバインダー材料が架橋結合され、より強力なポリマー鎖が金属粒子をより強力に保持します。硬化プロセスの後、ビルドボックスは粉末除去ステーションに移動され、バインダーが触れていない緩い粉末粒子が真空吸引によって除去されます。このプロセスにより、プリントされたグリーンパーツは次の工程へ進みます。

グリーンパーツは、形状を保持しているバインダー材料の一部が蒸発する結合解除プロセスを通過します。この段階ではコンポーネントはブラウンパーツと呼ばれます

ブラウンパーツは真空焼結炉で焼結されます。焼結プロセスは、金属射出成形(MIM)部品の製造プロセスと非常によく似ています。焼結後の材料特性も、98%の密度のMIM材料と非常に似ています。材料特性と密度は、HIPingプロセスによってさらに改善できます。焼結部品は、従来の工程ステップを使用して、仕上げ加工、熱処理、またはメッキを行うことができます。

For privacy reasons YouTube needs your permission to be loaded.
I Accept

Binder-jet 3D Printing  at INDO-MIM

材料

現在、主要な材料オプションとして17-4PHステンレスを提供しています(材料データシートはご要望に応じて入手可能です)。 2021年から2022年の間に、次のマテリアルオプションを導入する予定です。 SS 420、SS 316、ASTM 4650、工具鋼S&、M2、インコネル625&インコネル718など。

Binder Jet 3d Printing Material
Binderjet 5

設計ガイドライン

・部品重量:10〜500グラム

・厚み:最小0.80

・焼結時の表面仕上げ:250マイクロインチ

・製品の形状により、粉末除去中にルースパウダー(緩い粉末)を簡単に除去できる必要があります

・十分なコーナー半径、すべての推奨形状のより小さなL / D比

・0.20mm未満のパーツ形状レゾリューションは実現困難

デスクトップメタル社との戦略的パートナーシップ

2018年、INDO-MIMは、米国ボストンのDesktop Metal社(Binder-Jet 3Dプリント分野のパイオニア企業)と、このテクノロジーをマスマーケットに展開することに関する覚書に署名し、バインダージェット3Dプリント技術を利用した初めての生産プリンターが2020年春に米国テキサス州サンアントニオに設置されました。この装置は現在、お客様が提供するCADモデルのプロトサンプルを生産しています。

Read more

Innovation with INDO-MIM

We are a global leader in producing Metal Injection Molded components for diverse industries. We also offer investment casting, Ceramic Injection Molding, & Precision machining options to our customers.

Contact Us